相続のこと・不動産のこと・認知症のことなどどうして良いか分からない事が多いと思います。相続は何も対策をしていなければ相続人間で揉めることもあります。もっと早く対策しておけばよかったという声はとても多いです。そうならない為にも事前の対策をおすすめします。

現在、日本は超高齢社会になりました。すでに高齢化と呼ばれていた時代は終わっています。そんな中で新たな弊害も生まれてきました。それが認知症です。
 
生前に財産管理などが出来なくなり生活が難しくなります。信頼できる親族がいる場合は、その親族が財産を個人的に管理して何とかその場しのぎでやっているケースは非常に多いです。特に問題が無ければいいですが、施設入所をしたいけどお金がない。財産管理している親族が認知症の方の預貯金を不正に使い込んでいる。認知症の方が相続人になった。などといった事が非常に多くなってきています。
 
アパート管理をしている、会社経営をしているなどといった場合でも認知症になるとアパート管理も出来ませんし、会社経営ももちろんできなくなります。
 
ですので、これからは相続対策だけでは安心した生活を送っていくことが難しくなってくるのではないかととても危惧しています。
 
その為にもご自身の今後の生活についてあらかじめ何らかの対策をしておく必要が出てくるでしょう。
 
例えば、財産管理委任契約、見守り契約、任意後見契約、遺言、家族信託、事業承継などをして対策していきます。
 
もし、そういった話を聞いてみたい場合は初回相談は無料ですので一度お気軽にご連絡ください。
 

対応可能エリア

松本市・塩尻市・安曇野市・山形村・朝日村・岡谷市・長野市・千曲市・下諏訪町・諏訪市・大町市・白馬村・小谷村・小川村・松川村・池田町・生坂村・筑北村・麻績村・青木村
中信地区をメインに長野県全域も対応可
※ただし、当事務所より車で片道1時間以上かかる場合、または高速道路を使用する場合は別途交通費と日当がかかります。 

初回の相談は無料です 
営業時間 : 平日8:30~18:00
(18:00~20:00は電話のみ対応)
予めの予約であれば対応します
は電話対応のみ しています
出張対応もしています

 

LinkIcon
 
LinkIcon
 
LinkIcon